高級賃貸取引を知り尽くしたスタッフが書くブログです。

保証会社とは

450-20170807111250139279
Pocket

ルームくん
最近よく聞く「保証会社」。家賃を保証してくれるとなんとなくわかっているけど実際どうなんだろう?
スタイルちゃん
会社によって異なる部分はあるけど、説明していくね

保証会社とは

お部屋を借りる際には一般的に契約者と連帯保証人が必要です。

賃貸物件は安いものではありませんので契約者がいなくなってしまうと
オーナーさんはとても困ってしまいます。

万が一の為に、連帯保証人を立てて契約するのです。

連帯保証人は親兄弟親戚など、親族にお願いすることが一般的です。
しかし、最近では高齢化が進み親は高齢、兄弟はいるけど頼みにくいなどの理由で
連帯保証人ではなく「保証会社」を使うことが一般的です。

保証会社は契約者が家賃を払えない場合、契約者に代わりオーナーに支払います。(もちろん後日契約者が保証会社に支払わなければなりません)

そのような保証制度が最近では一般的になってきましたが、
タダな訳ではありません。
何かあった際に保証をお願いする為に保証手数料が必要です。

言い方は悪いですが、「連帯保証人をお金で買う」ようなものなのです。
費用は一般的に家賃の30%~100%が最初にかかり、
月毎に家賃の1%や年毎に1万円などの継続保証料もかかります。

メリット・デメリット

オーナー側にとってのメリットは、
人ではなく会社なので家賃滞納の心配が少ない点や
何かあった際に対応してくれる部分です。

入居者にとってのメリットは親族などに連帯保証人をお願いすることなく
賃貸物件を借りられる、
デメリットは費用がかかる点でしょうか。

また、最近では「原状回復費用」を保証してくれる会社もあります。
原状回復費用が敷金で足りず、契約者が支払いを出来ない場合に
保証会社が保証してくれます。
これはオーナーにとっては嬉しいポイントだと思います。

まとめ

ルームくん
なるほど!オーナーさんにとって、契約者にとってで見方が違うけれどお互い気持ちよく入居できる制度だね
スタイルちゃん
そうね!最近では「保証会社必須」の物件が増えてきているので借りる際は不動産会社によく聞いてみてね
Pocket



▲このページのTOPに戻る

物件リクエスト登録

物件を貸したいオーナー様へ
サイトの使い方
企業情報 | スタッフ紹介 | 採用情報 | プライバシー | 高級賃貸.com スタッフブログ |