高級賃貸取引を知り尽くしたスタッフが書くブログです。

2018年9月25日

ハザードマップ

ハザードマップ
Pocket

今回、皆様も聞いた事が一度はある「ハザードマップ」についてお話しいたします。別名「被害予測地図(ひがいよそくちず)」とも言われてます。近年、自然災害による被害が多くみられますので、皆様も自らの命を守れるマップを一度ご確認いかがでしょうか。

ハザードちゃん
そもそも、ハザードマップってなに?

マップくん
自然災害を予測し、その被害範囲を地図化したものがハザードマップになります。予測される災害の発生地点、被害の拡大範囲や被害程度、避難経路、避難場所などの情報が地図上に図示されています。

 

 

■主なハザードマップの種類!
•河川浸水洪水(破堤等の河川氾濫・水害・治水)
•土砂災害
•地震災害
•火山防災
•津波浸水・高潮

上記のほか、特定の災害を対象とせず、避難経路や避難場所、防災機関等の
情報を表した地図を「防災マップ」と呼ぶそうです★

 

ハザードちゃん
ハザードマップはどこで見れるの?
マップくん
各自治体によって様々ですが、ほとんどは市区町村役場に配布用のマップが設置されています。また自治体のホームページでハザードマップをPDFファイルで公開しています。便利なのは国土交通省が公開している「ハザードマップポータルサイト」です★このサイトで、全国の自治体が作成し公開しているハザードマップの閲覧や印刷が簡単にできちゃいます。

 

 

 

ハザードマップ1

★洪水マップ★

東京23区-洪水浸水マップ

 

 

★災害危険度マップ

東京23区-災害時危険度マップ

 

■国土交通省ハザードマップポータルサイト
https://disaportal.gsi.go.jp/
↑↑ここから確認できます★

 

今の住居がどの様な被害が起こる可能性があるのか、危険なエリアなのかを予め知っておくことで起こる被害は変わってきます。備えあればってやつですね!(^^)!
後は、避難場所をどうするか、起きた時用の防災グッズをまとめておきすぐに持って行ける様にすることも大切です!

 

ハザードちゃん
ちゃんと見ておいて備えないとダメですね(*^_^*)

 

■まとめ
いつ何が起こるかわからない自然災害に備えて、ハザードマップでしっかり確認をして現住居のことを把握しましょう★これから引っ越す方は転居先のハザードマップ確認を忘れずに!

 

Pocket



▲このページのTOPに戻る

物件リクエスト登録

物件を貸したいオーナー様へ
サイトの使い方
企業情報 | スタッフ紹介 | 採用情報 | プライバシー | 高級賃貸.com スタッフブログ |